ウィンドウズ10がリリースされて、今さらこんな作業してるのはどうかなと思うのですが、まだまだIEのシェア率は無視できないのが現状です。

高齢者の方ともなると、たまにびっくりした環境でアクセスしてきます。

どちらかというと高齢者層が多いサイトを作成し、アクセス解析をしてみると「IE5.0」でのアクセスがありました…
これはある意味逆にすごいなと思ってしまうくらい。いったいどんなけ古いPCで見ているんだろう。

さすがにそこまでは想定外でしたがIE8は未だに数%のシェア率。しょうがないアップグレードを促すアラートをだしますか。

と言うわけで、wordpressをお使いの方ならプラグインでサクッとInternet Explorer Alert!を入れましょう。

Internet Explorer Alert!

Internet Explorer Alert!の使い方

インストール方法はお決まりなのでとばしますね。

設定へと進むと下記のような画面が表示されます(英語表記)

Internet_Explorer_Alert_‹_中央アルプス_駒ヶ岳ロープウェイ_—_WordPress

1.Choose Internet Explorer Version

どのバージョン以下からアラートを表示させるかを選択してください。

 

2.Enter Alert Message Here

アラートに表示されるメッセージを入力します。

 

3.Enter Custom Browser Download Link

アップグレード先のURLを入力します。空の場合は、デフォルトのブラウザのダウンロードページが表示されます。

 

4.Choose Alert Method

アラートの表示方法を選択します。

 

5.Enable/Disable Popup for JavaScript Alert

4にて「JavaScript Alert.」を選択した場合、ブラウザのダウンロードリンクを表示・非表示を選択します。

以上の設定を行ったら、「Update」をクリックで設定完了です。

 

 

wordpressを使用していない方はこちらのスクリプト

IE Alert js

iealert

IE Alert jsの使い方

使い方はとっても簡単。

ステップ 1: 外部ファイルの設定

jquery.js」とダウンロードをしました「ie-alert-master」の「theplugin」からスクリプト・スタイルシートを外部ファイルとして記述します。

<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.7.2.js" type="text/javascript"></script>
<script src="iealert.min.js" type="text/javascript"></script>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="iealert/style.css" />

 

ステップ 2: JavaScript

JavaScriptをページ内に設置します。

$(document).ready(function() {
 $("body").iealert();
});

 

ステップ 2:メッセージの編集

デフォルトではメッセージが英語表記になっていますので、「iealert.js」の105、106、107行あたりの「title」「text」「upgradeTitle」を任意の日本語に置き換えます

title:"Did you know that your Internet Explorer is out of date?",
text:"To get the best possible experience using our site we recommend that you upgrade to a modern web browser. To download a newer web browser click on the Upgrade button.",
upgradeTitle:"Upgrade",

 

まとめ

こういったアラート表記はXPサポート終了から大分需要はなくなってきたものの、幅広い年齢層がターゲットのサイトなどはまだまだ必要あるものです。

なるべく使用せずに済むことになることを願います…