wordpressなどのデータベースを使用したCMSなどを使用していると、アップグレードがあります。とくにwordpressは、頻繁にアップグレードがあって日々セキュリティを向上させています。

自分のクライアントの中で、古いレンタルサーバーを使用している会社があったのですが今回「wordpress4.3」にアップグレードしようとした際に、ふと気になりphpのバージョンを確認しようと思いました。

WordPress 日本語版の動作環境

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.4 以上推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.5 以上推奨)

wordpress日本語公式サイト

現在のwordpressの動作環境は上記になっています。

サーバーのPHP・MySQLのバージョン確認

確認方法はいくつかありますが、いちばん単純なのものを紹介します。

1.確認用のPHPコードを記載した任意のphpファイルを用意

 

<?php phpinfo(); ?>

 

上記のphpコードを例えば「info.php」などのファイルを作成し、記載します。

 

2.1で作成したphpのファイルをサーバーにアップ

FTPなどでバージョンを調べたいサーバーに先程作成したphpファイルをアップします。

 

3.アップしたphpファイルにブラウザでアクセス

アップしたphpファイルにブラウザでアクセルすると下記のようなページが表示されます。

phpinfo1

 

MySQLの情報は同ページの下部の方にあります。

phpinfo__ 2

PHPやMySQL以外にもApache等のバージョン情報などが記載されています。

 

4.確認したらアップしたPHPファイルを削除!

知りたい情報の確認が終わり次第必ずアップしたPHPのファイルを削除しましょう。そのままの状態ではサーバー情報漏洩になってしまいます。